帯状疱疹になったときの話

今月初めての更新
気温が上がったり下がったりで、ちょっと体調を崩しておりました・・・
もう多分大丈夫。

あまり風邪はひかないのですが、一時期立て続けに色々罹ったことがあり、
ずっと前の話ですがそのときの話でもしようかと思います。

帯状疱疹

潜伏していた水痘・帯状疱疹ウイルスが、免疫が下がったときに悪さする
そんな病気ですね。

かかってしまったのは前職を続けながら転職活動をしていた時期で、
休む日がなかったからかなーと今は思います。
土日休みではなくて、休みをとれたら面接はしごとか。気持ちも落ち着かなかったですし。

内定をもらったあと、安心感から疲れがどっと出たのかそこで発症しました。

幼少期に水疱瘡に罹った覚えはないので、ウイルスいたの?とそこは今も謎ですが
子供のころに軽く済んでしまって気づかないうちにってことがあるようですね。

ちなみに免疫が低い高齢の方に多いそうですが、私は20代でもなりましたので。涙
30代で罹った知人もいますし、疲れがたまったりでなるときゃなるんでしょうね・・・

私は症状が出てから診断を受けるまで1か月と少し経ってしまっていたので、
皆さんが早期発見できるよう、参考になればと思います。

帯状疱疹自体は有名だし、皮膚に赤い斑点が出て痛みが生じて・・・っていうのは
ご存知の方が多いかと思います。
ひどい場合失明したり、顔面麻痺を起こしたりと、決して甘く見てはいけない病気で
入院加療する場合もありますね。
幸い私は通院で済み、受診の日に休みをもらったくらいで仕事に支障はありませんでした。

・・・はい、それで
それら以外の症状ってご存知ですか? 私は、知りませんでした(笑)

私の場合、最初の症状は耳鳴りでした
元々たまにあったのですが、あまりに頻繁にしかも普段よりひどい耳鳴りだったので。
もちろんこのとき帯状疱疹なんて思いもしなかったので
耳鼻科に行ってしまいました。
視力とかも大切、というか健康そのものは重要ですが、私は耳を悪くするのを本当に恐れています。
音楽が聴けない、楽器が弾けないから。どっちも趣味ですけどね。

結果、鼓膜はきれいだし、聴力はむしろとっても良いと。
「疲れが溜まると耳鳴りが起こる人がいるからね」と先生。 ←これは結果的に間違ってなかったわけです
耳鼻科受診終了。

耳鳴りの次、頭痛
ここまで皮膚の症状ありませんね。勿論このあと皮膚に繋がってくるなんて思っておりません。
耳鳴りとも関連付けて考えておらず。

私は緊張型頭痛・偏頭痛・群発頭痛のフルコンボ頭痛持ちですが
どれでもない、変な頭痛が起こるようになったんです。

あくまで自分の場合ですが、普段の3つの頭痛は
緊張型頭痛
・・・肩凝りとか眼精疲労から来る頭痛で、強弱はあれいつも痛いからどんなもんかはわかる(笑)
偏頭痛
・・・片方の目に閃輝暗点(目のチカチカ カメラのフラッシュ焚いたあとのモヤモヤが広がったような視界)
   が起きて、目と反対側の頭が痛くなる
   頭痛薬も緊張型とは違う薬を飲みます。ちなみにこっちは冷やすといいのです。
群発頭痛
・・・別名自殺頭痛。上の二つも痛いのですが、こっちまじで超痛い。
   寝てたのに目の奥の痛みで飛び起きのたうち回り、大の大人が泣きながら救急車を呼びそうになるような。
   (呼びませんでしたが)

帯状疱疹の頭痛、このどれでもなかったんですね
後頭部をゴムパッチンされたような、鋭い痛みが一瞬だけ起こるんです。
鈍器で殴られたような、とかズキズキ痛むとかでなく、
ビリっとくるだけ。

何もないところで「イテッ」とか言う日々で、
周りから「脳出血とかじゃないよね?」と心配されましたが
そこまで激しい痛み(脳出血の経験ないので実際わからないですが)ではないかなぁと
勝手に判断し、結局脳外科にもかからず仕舞い。

耳鳴りも頭痛も、ウイルスが神経で悪さしてることで起こった症状だったという。
そんなんわからんわ!って話です

そのあと、片側の肩の痛み
筋肉痛のような、肩凝りの悪化のような
これ自体変な痛みではなかったのですが、それなりに痛かったので
湿布を貼りつつ、2~3日を過ごしたかな

同じ側の首~肩に、虫に刺されるような時期ではなかったのに、
蚊に刺されたときのような赤く腫れたデキモノが出現

ここでようやく今までの一連のことを思い出し「帯状疱疹か?」と気づき、
元々別の科に通ってた病院の皮膚科を受診。

お医者さんがとっても苦手な自分、
「シロウトが何言ってんの」みたいな態度を恐れるあまり
自分から帯状疱疹という病名は出さず、
皮膚の症状以外の筋肉痛のような痛みの話をして、
先生から「帯状疱疹だったら怖いけどね」というセリフを聞き出してから
そうなんです!頭痛も実はあって!もしそうだったら嫌なので!!と話す
回りくどい問診になりました。

ただ、湿布を貼ってから赤くなったというのもあって
帯状疱疹or湿布かぶれ疑い のような状態で
検査は特にせず軟膏を出されて終わり。
曰く「水ぶくれができてないから帯状疱疹かどうかはなんとも。2日後にまた来て」と。

フーン と思って処方箋持って薬局に行き、
そこでも薬剤師さんから今日はどうなさったんですか?と聞かれたので
発疹と痛みで帯状疱疹かななんて思って、、、という下りを話したところ

「うーん、帯状疱疹だったらこれ塗っちゃまずいんだけどなぁ・・・」

えーーーー
この一言でちょっと不安になり始める自分。

いつもはこの人一言多いんだよなーほっといてよーなんて思ってた薬剤師さん
このときばかりは感謝です・・・
細かいところに気が付くからこその一言なんですよね・・・

その薬を調べると 禁忌 に 帯状疱疹 ってばっちり書いてある(笑)
また不安になる自分。
先生、「帯状疱疹だったとしても、塗ってどうこうなる薬じゃないから」
って言ったのに・・・

帯状疱疹にかかったことのある+皮膚科で働いている知人(医者ではない)からも
「2日後なんて悠長なこと言ってる場合じゃないよ」と言われ、
気持ちが悪くて仕方ない私は、翌朝別の医院に行きました。

発疹を見て「あららら!」と言う先生に
頭痛も耳鳴りもあって痛くて帯状疱疹かなって怖くてー!と、
別の病院に行ったこと以外はそこで全部話しました!
その場で検査してくれました。すぐに帯状疱疹のウイルスは陽性反応!

帯状疱疹用の塗り薬、飲み薬をもらって2週間ほどで治りました。
もらった薬塗らなくてよかったー!

痛いのが嫌なのは勿論ですが、神経の痛みはとっても嫌でしたね!
ここは余談ですが私はこの帯状疱疹の直後に椎間板ヘルニアにもなり
神経痛もうやだーっ!という期間でした。

長くなりましたが、こんなふうにして帯状疱疹の診断を受けましたので
全て帯状疱疹と疑ってかかるのは極端な話になりますが、
いつもと違う耳鳴り、いつもと違う頭痛 なんかがあって発疹が出たら
この体験談を思い出していただければと。
そして皮膚科を受診しましょう!
以上!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のため、日本語が含まれないコメントは届きませんのでご注意ください